木の良い所悪い所を徹底紹介!木の特徴もお伝えします!

木工

木というのは、人を落ち着かせる効果があると聞きます。

木は、生きていて湿気を吸ってくれたり入ってくれたりと人には、優しいです。

そこで、もっと木の良い所悪い所を知って頂き、木の特徴を理解して頂けたらと思います。

木の事について詳しく紹介します。

木の良い所・悪い所を紹介!

木の良い所

木は長い年月を経て大きくなっていきます。

そのスピードは、気の種類によって異なりますが、何十年何百年と生きている木もあります。

だから、木は生きているのです。

そんな木の良い所はたくさんあるので、あげていきます。

木は柔らかく・加工しやすい

木の種類によって用途は変わってきますが、ほかの鉄やスチールなどと違い柔らかいので曲戦を描きやすく、堀込やすい。

木はあたたかい

触ってみると木目があって、あたたかさが伝わりやすい。

木は人を落ち着かせる・和やかにする

木の木目は、どれも同じものが無く板目・柾目と楽しませてくれる。

色合いもさまざまですが、時間が経つとアメいろになりたのしませてくれる。

木は防風林にもなる

木は大きくなるとしっかり根が生えているため、昔から防風林の役目をしていた。

木が必要なく切ったら、風がまともに当たり家が倒壊したとも聞く。

木は長い年月を生きる(ひのき)

昔からのお寺、神社などを見て見ればわかります。

昔からの建物で鉄筋はありません。

何百年ともっているもののほとんどは檜でできています。

京都や奈良を見れば、有名なお寺のほとんどがきでできています。

木は人に優しい

木は湿気の多いときには、水分を吸収し、

乾燥しているときには、水分を放出してくれます。

木は物を保護する

これも種類によりますが、桐(きり)は、物を保管する役目をする。

先ほど湿気をすい、乾燥を止めると言いましたが、それを利用しています。

また、桐は非常に軽いので持ち運びに便利ですが、火事にあっても火が通りにくいのが特徴です。

木の悪い所

木は燃えやすい

木の材料の中にも燃えにくい物もありますが、基本的には火が燃えやすいです。

木造で家を作っていると火は回りやすいです。

木は傷つきやすい

木は加工しやすいと言う反面、柔らかいのでキズが付きやすいということです。

テーブルなどキズの付きやすいところは、堅木を使いますけど!

木は日焼けしやすい

特に、白木であれば初めは白く綺麗ですが、年月が経つとあめ色になったり、変色したりします。

でも、それが欠点でもあり長所でもあります。

木の特徴をお伝えします!

木材の種類ですが、ここで紹介できるわけがないほどの種類があります。

ちょっと調べただけでも、200種類以上はありますので全てを紹介することは出来ません。

日本でよく使われているのは、20から30種類くらいではないでしょうか。

 

その中でも使う場所によって使いわけられています。

例えば、

  • 室内か室外か?
  • 乾燥している所か湿気が多いか?
  • 見える所か見えない所か?
  • 何年持てばいいか?
  • キズがつきやすいかキズがつきにくいか?
  • 日当たりいいか悪いか
  • 加工が必用か必世でもないか?

などなど用途によって使う気が違うのです。

それだけ、1つ1つの木には特徴があるのです。

木目の良い木・硬い木・長い年月持つ木・加工しやすい木・色がいい木・水に強い木・軽い木・値段がお手頃な木

とあります。

木の種類って何があるの?特徴や用途を紹介まとめ

今回は、木の良い所・悪い所を紹介しながら、木の特徴をお伝えしました。

今、住宅と言う物が変わってきましたが、木と言う物が人には優しいです。

人と同じように呼吸しています。

出来る限り木と生活したほうが、体に良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました