障子紙を選ぶときに長持ちする紙を紹介!これを選んだら失敗する

生活

障子を張るときに、どんな障子紙を張ろうか?

と考えることでしょう。

そんなときに、障子紙を選ぶときに長持ちする紙を紹介します。

中には、これを選んだら失敗するというのもあるので参考にしてください。

スポンサーリンク

障子紙を選ぶときに大切な事!これを選んだら失敗する

障子紙は、私が知らないほどたくさんの種類があります。

ホームセンターに行けば、綺麗なデザインから可愛い障子紙まので目移りしてしまいます。

 

でも私が選ぶときは、デザインや可愛さでは決めたりしないです。

よく見るのは素材であったり、紙の厚さで決めるのです。

なぜなら、苦労して張っても直ぐに破けてしまうのが嫌だからです。

紙が薄い物を張るとすぐに破けてしまうからです。

 

苦労して張っても、日当たりの良い所ですと2年位で破けてしまいます。

感覚からすると、毎年張っているように思うはずです。

ですからデザイン重視ですと失敗してしまいます。

 

ホームセンターの障子紙を張ったことのある人は経験あると思いますが、破けるのも速いですが、張り替えのときにポロポロと剥がしにくて、手間がかかってしまうのです。

ですから、デザインよりも丈夫さでえらんだほうが良いです。

 

スポンサーリンク

障子紙を選ぶときにどんな障子紙がいい?

障子紙で選んでいけない物

・先ほどもお伝えしましたが、デザイン重視はいけません。

・アイロンで張る紙はやめましょう。

日が当たると、張り方によっては、剥げてしまいます。

次の張り替えの時たいへんです。

・薄い紙は避け、できるだけ厚い紙を選びましょう。

障子紙のおすすめ

苦労して障子紙張るのですから、長く持ってほしいですよね。

(ここで、言う紙とは破けないワーロンは除外です。)

私が言うのは、あくまで紙であります。

紙であれば、次の機会に水を付ければ、簡単に剥がせます。

では、紙を紹介します。

障子紙ブラックレス 無地

業務用でありますが、触ってすぐに厚さがついことがわかります。

業務ようなのでネットで買うしかないです。

60m巻きとなっていますが、バラ売りもされているようです。

障子の使い方、環境に持ちは違いますが、日が当たらなければ10年持ったりもします。

日の当たり方にもよりますが、5年もったりもしているんです。

それでいて、紙を剥ぐのも厚いので簡単にはがせます。

色々なことを考えると、お勧めの紙であります。

 

障子紙ブラックレス 雲竜

ブラックレスの雲竜版(白の柄が入っています)

ブラックレス無地と同じ紙の厚さがあるので、お勧めです。

ハイテック エース 無地

株式会社ワーロン で発売していて障子紙の約2倍の強度と言われています。

強化障子紙なので、通常の物よりも強いです。

それでいて、糊は障子用の糊(でんぷん粉)で張れるので、扱いも楽です。

 

ヤフーで検索したところ、30mで4505円で売られていました。

タフトップ 無地

丈夫で長持ち、破裂強度は一般の障子紙の約4倍の強度と言われています。

株式会社ワーロン で発売されています。

破れにくく、水にも強いのが特徴です。

しかも、でんぷん粉で張ることができて、シワがなりにくい。

だから、古くなって剥がすにも簡単なんです。

 

ヤフーショッピングで15m 4730円で売っています。

 

スポンサーリンク

障子紙を選ぶときに大切な事!これを選んだら失敗するまとめ

今回は、障子紙を選ぶときに大切な事!これを選んだら失敗するについて紹介しました。

紙は、障子紙はかわいい・かっこいいで選ぶのではなく、紙の厚い物を選びましょう。

紙によって、紙のもつ年月がぜんぜん違います。

紙の選び方には十分に注意して下さい。

タイトルとURLをコピーしました