木工(DIY)に必要な道具を紹介!初めは3つあれば大丈夫

木工

木工をしたこと無い方だと、ちょっと木工に入りにくい。

それでいて、木工でどんな道具を揃えていいかわからない。

そんな方におすすめします。

木工(DIY)に必要な道具を紹介します!初めは3つあれば大丈夫ですので紹介します。

これで、木工は大丈夫です。

木工(DIY)に必要な道具を紹介!初めは3つあれば大丈夫

趣味として木工をしている人は、たくさんいるかと思います。

木工を趣味としてやれば、家の中は明るくなり綺麗に片付きます。

しかも、家族からは頼られて尊敬される。

 

お父さんが作ったら

「さすが、お父さん!」

と喜ばれるはずです。

 

私がこれは持ってたほうがいい道具を紹介します。

木工(DIY)に必要な1番必要な道具は?

充電インパクトドライバー

やっぱり1番大切で必要なものです。

えーーーーーー!

ノコギリやカンナじゃないのー。

と声が聞こえてきます(笑)

 

でも、そうなんです。

今、一般住宅を建てる大工さんですらそう思う人は多いはずです。

 

今、物と物を付ける場合、ビスで止めてしまうのがほとんどです。

ですから、充電インパクトドライバーは大事なのです。

 

でもーインパクトドライバーがあっても、材料を切ったり削ったりできないから1番じゃないでしょ!

と思うかもしれません。

今説明しているのは、1番大事な物の話です。

木工を始めたばかり、ちょっと自信がないときには、ホームセンターに行き材料を選びその場所で思い通りに機械で、真直ぐに切ってもらうのです。

そのあと、自宅に持って帰り充電インパクトドライバーでビスを使い、思い通りにくっつければいいのです。

重要なのは、初めから全部をやろうとしないと言うことです。

 

木工(DIY)の初心者は、はじめから全部をやろうとして嫌になってしまうのです。

ホームセンターを上手く使うことが、好きになるこつです。

 

作りたいもの、直したい物を手書きでいいので図面(細かい寸法を入れる)を書き、ホームセンターに行き材料を選び、その場で切ってもらう。

そうすることで、材料と材料はピッタリとくっついて、まるでプロが作ったようになります。

でも、作ったのは自分で作ったのです。

木工と言うのは、機械を使えるなら機械を使えばいい。

機械を使えなければ、手でやるしかない。

 

ですから、仕事の終った後や休みのときは、ホームセンターに行って材料を揃えて家で組み立てれば、立派な木工職人です。

木工(DIY)に必要な2番目に必要な道具は?

充電インパクトドライバーで使うドリルの刃

またまた、えーーー!と聞こえてきそうです(笑)

先ほど、お伝えしたようにホームセンターで材料を揃えてインパクトで、材料を付けるにしても、太い物(90mm)と太い物をくっつける場合、充電インパクトドライバーでビスを使って止めるのは大変です。

 

そんなとき、

太い物(90mm)に対して9mmのドリルで60mmを掘る。

・30mm残ったところから、ビスを止める。

ビスを止める所も、下穴を掘っておくと良い。

硬い木材を選んで来たらなおさらなこと。

インパクトドライバーで止めるにしても、下穴を掘ることが上手にものを作るコツです。

木工(DIY)に必要な3番目に必要な道具は

かなづち(木づち)・ビス

かなづちは、物をくっ付けるにしても、寄せるにしても必要です。

力だけでは、どうにもならなくても、金づち使うと寄ります。

後、当たり前と思いましたがビスもいれておきました。

木工(DIY)を楽しくさせるには

物を完成させることです。

しかも、感謝してもらえたら最高ですね。

そのためには、簡単に手書きでいいので図面を引き、ホームセンタで材料を揃えて切ってもらうことです。

全部自分でやろうとしないこと。

機械を上手く使うことです。

木工(DIY)に必要な道具を紹介!初めは3つあれば大丈夫まとめ

今回は、木工(DIY)に必要な道具を紹介!初めは3つあれば大丈夫について紹介しました。

とにかく、はじめは簡単に物を完成させましょう。

すると、完成させて物を見て満足もしますし、感謝されたらもっと木工が好きになります。

挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました