木工の塗装は何を塗ったらいいの?どうやって塗ったらいいの?

塗装

木と言いますのは、そもそもそのままでもインテリアになります。

節や木目と言うのは、独特な風合いがありますし、落ち付きを持てるようです。

それでも、壁や床など回りと色を合わせたい。

水や手油で、汚れを出したくない。

長持ちをさせたいということで塗装されます。

今回は、木工の塗装は何を塗ったらいいの?場所によって塗装は違う!について紹介します。

木工の塗装は何を塗ったらいいの?

木工の塗装は、作るもの、置く場所によって変わってきます。

物によっては、塗らないほうが良い場合もあります。

ここでは、塗料の説明をします。

ワックス

白木用のワックスですが、無垢材の何に塗っても良いかと思います。

塗料と言うよりもワックスなので、屋外の使用は無駄です。

 

屋内の木材を塗るものです。

塗るには、誰でも簡単にむらなく塗ることが出来ます。

 

ワックスは白く、塗ると透明になり木の導管に入ります。

塗った後は、ウエス(ボロ布)で拭き取れば、木そのものです。

 

ワックスを塗ることで、手垢がつきにくく汚れにくくなっています。

塗装に自身の無い方は、良いと思います。

 

匂いは、ワックスそのままの匂いです。

時間が経てば薄れていきます。

 

ただ、塗装的には弱いのでたまに塗らないと行けません。

OSMO(おすも)自然塗料

この塗料はちょっと高め。

ネットで買えます。

 

このOSMOは自然塗料だけあって、舐めても大丈夫です。

なので、小さい子供のおもちゃなどに塗られたりしています。

 

OSMOには、屋内用屋外用の塗料があり、比較的塗りやすいです。

カラー色もあり、床のフローリングに塗る塗料もあります。

油性ステイン

一般的によく使われている着色剤です。

字のごとく油の塗料なので、水にはつよいです。

 

木材にしみ込ませて使うので、木材の木目はそのままになります。

屋外で使うこともありますが、色がさめてきたら塗り重ねをおすすめします。

 

油は溶剤とも言われていますが、扱いはちょっと面倒くさい。

塗料を薄める時には、専用の塗料で薄めなければなりません。

道具を洗う時も、シンナーで無ければ色は落ちないです。

 

また、針葉樹(杉・松・檜)などを塗るときは、しみ込みやすい所、しみ込みにくいところがあって、ムラに見えてしまうかもしれません。

 

でも、それがまた良い味を出すようにも思えます。

水性ステイン

油性のステインに比べ塗料の強さは、弱いです。

しかし、最近の水性ステインは乾いてしまうと非常に強くなっています。

 

出来るだけ綺麗に塗りたければ、水性ステインをおすすめします。

水性と言っても、乾いてしまえば色落ちはしません。

 

水性ステインは、扱いが簡単です。

塗料を薄めるにしても、水で良いです。

道具を洗うのも水でいいです。

 

塗っての仕上げ具合は、油性よりきれいです。

ペンキ

木工では、おすすめできません。

木目を全て無くしてしまいます。

木目は、全く関係なく色を単色にしたいときは良いかもしれません。

 

木材にしみ込ませるのではなく、木材の上に色を乗せるということです。

木材をペンキでコーティングしてしまうということです。

水性ウレタン塗装

綺麗に塗りたい方は、おすすめの塗装です。

ちなみに、プロの塗装屋さんも使っています。

ネットで売っています。

 

ウレタンと聞きますと、難しいと思う人もいるかもしれません。

でも、水性なので簡単です。

しかも強い!

屋内がおすすめです。

 

色付けしたいときには、水性のステインを塗りその上に水性ウレタンを塗るのです。

サンドペーパーを使いながら、3回4回とペーパーをかけながら、塗ればプロの仕上がりになります。

木工の塗装はどうやって塗ったらいいの?

塗装と言うのは、とにかく塗るための下地がとても大事です。

下地が大事というのは、ペーパーをかけて平らにする。

凹みを無くせるものは無くすということです。

 

油性の物ですと、木に浸透していくので2回3回と塗り重ねることで、作った物の持ちが変わってきます。作り終えて、何年か経ち白くなってきたと思ったら、塗り重ねることも必要です。

 

水性やクリアを塗ったときには、ペーパーかけて塗り重ねて下さい。

 

最近の塗装は速乾性の高いのが主流です。

ニスは、乾きにくく、乾いた後もべた付くのでおすすめしません。

木工の塗装は何を塗ったらいいの?どうやって塗ったらいいの?まとめ

今回は、木工の塗装は何を塗ったらいいの?どうやって塗ったらいいの?について紹介しました。

塗装することで、木材の持ちも変わってきますし汚れ方も変わります。

木工の作るものによって、塗装は変わってきますが、屋外の場合は油性をお勧めします。

白くなったら、塗り重ねれば塗装で木材は持つことでしょう。

木と仲良くしてください。^^

タイトルとURLをコピーしました