引戸建具の調子が悪い時には戸車の交換!戸車の種類を紹介!

建具

引戸建具の調子が悪いときには、色々な原因があります。

  • 重さによって、鴨居が下がって動きが悪い
  • レール(敷居)鴨居が曲がった
  • 建具が反った
  • 戸車が壊れた

などが考えられます。

今回は、その中でも戸車について、引戸建具の調子が悪い時には戸車の交換!戸車の種類について紹介していきます。

引戸建具の調子が悪い時戸車の交換!戸車の種類を紹介

引戸建具の下についている戸車は、大きく分けて4つあります。

それは、下の敷居・レールによって戸車は変わります。

最近1番多いのは、V戸車Vレールです。

それでは、紹介していきます。

引戸建具V戸車

 

今、一番主流になっている戸車です。

洋室で引戸が付いている場合ほとんどが、V戸車Vレールです。

Vレールを使うことによって、スムーズに軽く動かすことができます。

ホームセンターに行けば、物にもよりますが1つ300円以下で購入できます。

引戸建具平車

 

引戸建具平車は、主に和室で使われていることが多いです。

21mmの溝がついている敷居の中を走っています。

平車は、何十年も前から使われています。

引戸建具丸車

最近では、ほとんど使われていません。

古い家であれば、甲丸レールと言ってレールが出ているレールに使われていました。

今でも引戸玄関に使われていますが、交換することはほとんどないかもしれません。

レールが上に出ていることで、雨が家の中に入ってこないのです。

玄関に戸車を付ける時には、戸車は傷みやすいのでステンの戸車を使いましょう。

玄関は毎日使うので、丈夫なステンがおすすめです。

引戸建具外れ防止戸車

数的には、あまり無いかもしれません。

ちょっとV戸車とわかりづらいかもしれませんが、戸車の所がTになっています。

字のごとく、建具がレールから外れにくくなっています。

引戸建具の調子が悪い時戸車の交換!注意点

現在は、洋室が多いので、建具枠と建具がセットになっているものがほとんどです。

となると、メーカーは例えば、ノダであったり、トステム、ナショナルなどありますが、金物は独自に金物を開発したりしています。

 

となりますと、ホームセンターにいっても全く同じものはありません。

となれば、家を建ててくれた人の所にに行って、建材屋さんに頼んでもらいましょう。

 

また、普通の木工店が作ってくれたようなもので、戸車がわからなければ壊れた戸車をもってホームセンターに行って、店員さんに選んでもらえばいいです。

戸車にも大きさがありますので、大きい物を選ぶと入らないということまあるので注意しましょう。

引戸建具の調子が悪い時戸車の交換!戸車の種類を紹介!まとめ

今回は、引戸建具の調子が悪い時戸車の交換!戸車の種類を紹介!についてお伝えしました。

引戸建具の戸車が壊れている時には、建具の動きが重たくなったり、ゴツゴツと音が言うようになったりの症状はでてきます。

ですから、調子が悪いと思いましたら、直ぐに戸車交換しましょう。

早くしないと、無理なことして傷を増やしてしまうのです。

わからないときには、戸車をはずしホームセンターに行きましょう。

住みやすい家を作っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました