屋久島高校演劇部の上田美和のプロフィールを紹介!どんな学校なの!

テレビ番組

2021年1月5日のセブンルールでは、屋久島高校演劇部を全国2位に導いた、上田美和さんが登場する。

廃部寸前だった演劇部をどう立て直したのか?興味が湧きます。

今回は、屋久島高校演劇部の上田美和のプロフィールを紹介!どんな学校なの!について紹介します。

スポンサーリンク

屋久島高校演劇部の上田美和のプロフィールを紹介!

名前:上田美和(うえだみわ)
年齢:48歳(2021年1月)
出身地:鹿児島県
専門教科:国語

廃部寸前だった演劇部を、演劇の甲子園で全国2位まで押し上げた顧問の上田美和先生。

これまで20年間、演劇部の指導に当たってきたが、3年前に国語教諭として屋久島に赴任したのです。

 

上田美和先生は赴任前、大会に出てくる離島の演劇部の未熟な公演を見ては

「離島は可哀想だな。いつかもし離島に行ったら、本土に負けないぐらいの舞台を作ってあげたい」

と思っていたという。

 

上田美和先生は自ら脚本を書き、演出も手がける。

「生徒を大会に連れていきたい。そこで上位を狙うには、”手垢のついていない、屋久島高校でしか出来ない創作脚本を書くしかない”と思いました。離島の高校が本土の高校生を演じても、リアリティがないからです。だから、彼らの住むこの屋久島を舞台に、脚本を書きました」

というのです。

 

1年目は県大会2位

2年目は九州大会3位

3年目に書いた『ジョン・デンバーへの手紙』は、九州大会で最優秀賞を受賞。

全国の高校演劇部2100校あるうち、わずか12校しか掴めない全国大会への出場し、全国大会2位に導き、自身は創作脚本賞を受賞したのです。

屋久島高校演劇部の『ジョン・デンバーへの手紙』

スポンサーリンク

屋久島高校演劇部はどんな学校なの!

昭和23年に創設された、島で唯一の全日制高等学校です。

場所はこちら↓

鹿児島県立屋久島高等学校のホームページ↓

鹿児島県立屋久島高等学校 | 鹿児島県立
スポンサーリンク

屋久島高校演劇部の上田美和のプロフィールを紹介!どんな学校なの!まとめ

今回は、屋久島高校演劇部の上田美和のプロフィールを紹介!どんな学校なの!について紹介しました。

上田美和先生の熱意が、生徒達に伝わったかもしれませんが、生徒達も純粋であることは間違いありません。

大切なことを教わった気がします。

スポンサーリンク
テレビ番組
知って得する情報ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました