「カンブリア宮殿」キリンビールの磯崎功典のプロフィール!年収は?

TV

11月26日に放送される、「カンブリア宮殿」ではキリンビールの代表取締役である磯崎功典さんについて紹介されます。

磯崎功典さんは、キリンビール会社を大改造し、攻めに徹しているといいます。

誰もが知っているキリンがビールがどう変わっているか楽しみです。

そこで、「カンブリア宮殿」キリンビールの磯崎功典のプロフィール!年収は?について紹介していきます。

スポンサーリンク

「カンブリア宮殿」キリンビールの磯崎功典のプロフィール!

磯崎功典のプロフィール

名前 : 磯崎功典(いそざき よしのり)
生年月日 : 1953年8月9日
出身地 : 神奈川県小田原市下曽我
卒業高校 :神奈川県立小田原高校
最終学歴 :1977年3月 慶應義塾大学経済学部
1977年4月キリンビール株式会社 入社 神戸支店
2004年3月 – サンミゲル社(フィリピン)副社長
2012年3月 -キリンビール株式会社 代表取締役社長
2013年1月 – キリン株式会社 代表取締役社長 兼 キリンビール株式会社 代表取締役社長
磯崎功典さんは、今でこそ「キリンホールディング」の社長ですが、順風満帆な学生時代を送ったわけではありません。
むしろ、苦労人です。
父は、日本専売公社(当時)の小田原工場勤務とミカン農家を兼業していましたが、磯崎功典さんが中学校3年生の時に父親が脳梗塞で倒れてしまいます。
すると家計は厳しくなり、母は洋裁を教えて家計を支えたのです。
そんな母も交通事故で大変になり、磯崎功典さん高校生の時に吹奏楽部を辞めてみかん農家を手伝い始めました。
父が管理できない畑は、荒れてしまいどうしようもなかったと言います。
学校が終わると、近くの農家の指導を受けながら必死に作業をしたようです。
そのかいあって、その後父は後遺症はあるものの職場復帰ができました。
進学を考えていなかった磯崎功典さんは一生懸命に勉強し慶応義塾大学に進学したのです。

磯崎功典のと取り組み

巨大ビール会社「キリンホールディングス」従業員数 連結:31,040人(2019年12月31日現在)の代表取締役の磯崎功典さん。
アサヒビールのスーパードライにビールの王座を奪われ、キリンビール会社の大改造に取り組んでいる。
変化に恐れない会社を作っていると言う。
現在、家飲みの救世主日本初の糖質0のビールを開発し「美味しい」と話題を呼んでいます。
また、キリンビール会社を健康企業に大改造し、巨大企業にベンチャー魂を入れています。
磯崎功典社長は、異端児社長として挑戦しているのです。
「キリンビール」は攻めに攻めて、ついにはトップを奪還したのです。

ネットでの話題はこちら

スポンサーリンク

「カンブリア宮殿」キリンビールの磯崎功典の年収は?

有価証券報告書によりますと、2018年度に麒麟ホールディングスが社内の取締役5人に支払た役員の報酬は、4億7700万円。

有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表してます。

 

磯崎功典さんの年収は 1億7900万円

です。

スポンサーリンク

「カンブリア宮殿」キリンビールの磯崎功典のプロフィール!年収は?まとめ

今回は、「カンブリア宮殿」キリンビールの磯崎功典のプロフィール!年収は?について紹介しました。

磯崎功典さんの、挑戦的な経営方針がキリンビールを新たな会社に導いているのだと感じました。

これから、どんなビールが出てくるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました