ドローン新時代でどんなことができるの?中国で空飛ぶ車が発明!

TV

1月26日に放送される「ガイアの夜明け」では、災害など空撮などで大活躍をしたドローンに注目される。

ドローンは良く使えば人の助けになるが、悪く使えば犯罪に繋がってしまうので、規制や課題があり実用化が難しいようです。

しかし、それを乗り越えてビジネスに繋げようとする企業もあります。

今回は、ドローン新時代でどんなことができるの?中国で空飛ぶ車が発明!について紹介します。

スポンサーリンク

ドローン新時代でどんなことができるの?

引用元:https://weekly-economist.mainichi.jp/

ドローンを使うことで、新たなビジネス新時代を向かえています。

どんな利用の仕方があるのでしょう。

個人の趣味として使える

200g未満の小型のドローンであれば手軽に趣味として楽しむことが可能です。

ドローンを使えば空撮も可能なので、人が撮影できないような山や川など、美しい光景をとらえられるのも魅力があります。

 

旅先や特別なイベントなどでは、思い出に残る写真を撮るために活躍させることができます。

でも、趣味の範囲といえどもドローンの飛行においてはさまざまな規制がありますので、注意が必要です。

 

ビジネスにおけるドローンの使い道

ビジネスにおいて、色々な面で使われています。

ドローンの大きなメリットは、人間が到達することのできない領域にドローンを使って到達できると言うことです。

これによって、効率良く作業や撮影を行うことが可能となります。

農業でドローンを使う

実際、農業にドローンを導入されている所もあります。

広大な敷地に空中から農薬を散布すれば効率的に、コストを掛けずにスムーズに満遍なく撒くことが出来ます。

農作物の状態の確認などに活用することも可能です。

建築・建設でドローンを使う

ドローンを使うことによって、上空から建物や太陽光パネルなどの点検を行うことも可能となります。

安全にどの角度からも見ることが出来て、作業時間の短縮やコストの削減に繋がります。

土木・建設分野などで、測量にドローンを利用することもできます。

危険な環境・場所もドローンが使える

放射能や有毒ガス、高熱などの理由で人が入っていけない危険な場所の様子も、ドローンを使っての撮影や、モニタリングや探索などを行うことが可能です。

災害救助でドローン使う

災害の救助は、時間との闘いです。

山や谷で事故にあった場合状況を判断するには上空からだと判断しやすいです。

被害状況を確認したり、遭難者の捜索においても上空からなら時間的メリットがあります。

スポーツをドローンで!

代表的なところでは、アメフトチームが実施している練習時での上空からのフォーメーション確認などが有名です。

テニスでも、あらゆる角度から撮影されていますね。

テレビ・CMなどもドローンで

本格的な映像撮影にも、もちろん使用できます。

ドローンによる空撮は、テレビ番組やCM、映画、プロモーションビデオなどでもよく利用されています。

これまでに撮影することの難しかった視点からもドローンによる空撮が可能なので、サッカーやラグビーなどのスポーツにおける戦術の分析などにも活用できます。

また、ドローンを使って荷物を運ぶことも可能です。そのため、宅配などで一般的に広く活用される可能性があります。

海外ではドローンによるタクシーも登場しています。

スポンサーリンク

ドローン新時代、中国で空飛ぶ車が発明!

引用元:https://viva-drone.com/china-ehang-2020-airmobility/

人を乗せて飛行する「空飛ぶクルマ」の開発を手がけるのは、中国の億航智能(イーハン)自社製の有人ドローンを使い遊覧飛行ビジネスに参入する。

緑地が広東省肇慶市で開発している観光リゾート内で試験運航を開始したのです。

 

「飛行するところはリゾート敷地内の上空に限られており、、長さは約1キロメートル。運航開始にあたって中国空軍の許可も取得してるのです。

イーハンはこの遊覧飛行プロジェクトに有人ドローン2機を投入し、直営事業として運航にあたる。

スポンサーリンク

ドローン新時代でどんなことができるの?中国で空飛ぶ車が発明!まとめ

今回は、ドローン新時代でどんなことができるの?中国で空飛ぶ車が発明!について紹介しました。

ドローンを使って、災害時や人命救助に使われることは心強く感じます。

ドローン上手く使って欲しいです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました