「開田宏」災害救助犬訓練士のプロフィール!活動に注目!

TV

どうしても避けては通ることの出来ない災害。

地震・台風・寒波・豪雨など突然にやってきて災害をもたらし、命や財産を奪っていく。

そんな時に、救援・救助される方には、感謝しかありません。

阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震など記憶にはまだ残っています。

人命を救出するために、人だけでなく救助犬も活躍をしていました。

そんな、救助犬を育てているのが、開田宏さんなのです。

今回は、「開田宏」災害救助犬訓練士のプロフィール!活動に注目していきます。

スポンサーリンク

「開田宏」災害救助犬訓練士のプロフィール!

引用元:https://www.facebook.com/NHKonline/photos/pcb.4354027027957262/4354026874623944/

開田宏のプロフィール

名前:開田宏(かいだひろし)
生年月日:1963年
生まれ:熊本県相良村
資格:警察犬協会公認1等訓練士、シェパード犬登録協会公認訓練師範

高校卒業してから、県内の警察犬訓練所で犬の訓練について学び、その後1989年人吉警察犬訓練所を設立しました。

そして、熊本県警の委託警察犬審査会に200匹以上を合格させるほどの訓練士であります。

 

家庭犬のしつけをしながら、嗅覚に優れた犬を見いだし、「委託警察犬」に育てたり、警察が飼育する「直轄警察犬」を訓練したりするようです。

犬の性格や能力をみるのですから、簡単ではありません。

スポンサーリンク

「開田宏」災害救助犬訓練士の活動に注目!

開田宏さんは、災害救助犬を育てて33年、有能な名犬を育ててきました。

今までに、東日本大震災や熊本地震など250以上の現場に出動し人を助けたり、多くの行方不明者を発見してきたのです。

 

その貢献が注目され、沢山の表彰をされました。

人を助けるために活動をしているのです。

 

そんな中、こんなことがありました。

昨年7月のこと、未曽有の豪雨が九州を襲い、熊本県の開田宏さんの訓練所も流されてしまったのです。

それでも開田宏さんはすぐに、災害現場へと向かいました。

 

人名救助のために、自分のことは後回し。

なかなか出来ることではありません。

スポンサーリンク

豪雨被災の訓練所、再建へ

昨年の7月の豪雨の被害によって今再建にむかってがんばっています。

訓練所は氾濫(はんらん)した球磨(くま)川と川辺川の合流点近くにあるので、壊滅的な被害を受けました。

 

そこで、クラウドファンディングで復旧資金を募り、8月末までに8,555,000円を集めることに成功しました(目標額は740,000円)。

犬は、人と同じようにデリケートなので犬舎の復旧及び外来訓練の再開(ファーストゴール)を優先して行っています。

開田宏さんの1日

5:30 起床
6:00 犬の餌やり、排泄処理
8:00 朝食
8:30 訓練開始(途中、昼食と休憩)
17:00 訓練終了、片付けなど
19:00 夕食
21:00 餌やり、排泄処理
23:00 就寝

開田宏さんの1日は全て犬の世話や訓練に費やしています。

犬と家族にならないと、信頼関係が作れないかもしれませんね!

スポンサーリンク

開田宏さんの訓練場の紹介

〒868-0095
住所:熊本県球磨郡相良村柳瀬315-2
電話:0966-24-8186
スポンサーリンク

「開田宏」災害救助犬訓練士のプロフィール!活動に注目!まとめ

今回は、「開田宏」災害救助犬訓練士のプロフィール!活動に注目しました。

ここ数年、地震や台風で災害がおおくなっています。

開田宏さんの仕事である災害救助犬を育て災害に役立てて頂けるのは、心強いです。

今後も、お力を頂きたく思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました