woman(ドラマ)で小栗旬の死因は何だったのか?死因はこれだ!

TV

2013年に7月3日~9月11日まで毎週水曜日に、日本テレビ系で放送された「woman」は、満島ひかりさんが主演を勤めて話題を呼びました。

満島ひかりさんが演じる青柳 小春(あおやぎ こはる)の亡夫役で小栗旬さんは青柳 信(あおやぎ しん)役で出演していました。

そんな中で小栗旬さんは、なぜ亡くなったのか?ということがわかりにくかったので、今回は、woman(ドラマ)で小栗旬の死因は何だったのか?死因はこれだ!について紹介します。

スポンサーリンク

woman(ドラマ)で小栗旬の死因は何だったのか?死因はこれだ!

引用元:https://ollyfactory.com/国内ドラマ/woman第1話あらすじ/

小栗旬さんが演じたのは、青柳 信で小春の夫でした。

亡夫でしたが、登山家だったので生活していくには大変だったので、家族を養うために安定した水道局の仕事をしていました。

 

4年前のこと、小春の実母、植杉 紗千(うえすぎ さち)と小春の仲をとりもつために植杉家を訪れました。

屈折した思いを抱いた栞(しおり)によって電車内で痴漢冤罪を受け、そのトラブルの中で男性に背中を押され線路に転落してしまいました。

 

丁度その時、入ってきた列車に轢かれて命を落としてしまったのです。

生前、自分たちが生きた証を子供たちに伝えていく事が親のつとめであると小春に話していた。

 

心がぎゅっと締め付けられるドラマです。

号泣しながら見ている人が多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

woman(ドラマ)のネットでの話題!

2013年に感動を呼んだドラマだったことがわかります。

この時「半沢直樹」や「あまちゃん」も話題を呼んでいましたね。

スポンサーリンク

woman(ドラマ)で小栗旬の死因は何だったのか?死因はこれだ!

今回は、woman(ドラマ)で小栗旬の死因は何だったのか?死因はこれだ!について紹介しました。

小栗旬の死因を見逃してしまっている方が多いようなので、知っているとドラマがもっと面白くなるかもしれません。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました