2021大間の本マグロに2084万円だが昨年の1/10の値段!すしざんまい社長は?

ニュース

2021年1月5日午前5時10分ごろに東京豊洲市場で新年恒例の初セリが行われた。

毎年、東京豊洲市場の初セリは高値が付いてニュースになり話題を呼んでいます。

今回は2021大間の本マグロに2084万円だが昨年の1/10の値段!すしざんまい社長は?について紹介します。

スポンサーリンク

2021大間の本マグロに2084万円だが昨年の1/10の値段!

最高値は青森県の大間港で水揚げされた重さ208.4キロの本マグロ!

2084万円で競り落とされたのです。

今回最高値で落札したのは、仲卸業者の「ヤマユキ」で2018年以来となります。

これまでの最高値はおととしの3億3360万円でした。

コロナの影響でしょうか?おととしからすると1/10どころではありません。

スポンサーリンク

2021大間の本マグロに2084万円・すしざんまい社長は?

気になるのは、毎年のように高値を付け、競りを盛り上げてきくれた「すしざんまい」を運営する株式会社「喜代村」の社長です。

3年連続の最高値の落札とはなりませんでした。

喜代村・木村清代表のコメント

「最高値は付けなかった。外食は自粛モードなので、あんまり派手にやるのはいかがなものかと」

それだけ、外食産業は警戒しているのでしょう。

警戒どころか、経営自体も危険なのかもしれません。

スポンサーリンク

2021大間の本マグロに2084万円だが昨年の1/10の値段!すしざんまい社長は?まとめ

今回は、2021大間の本マグロに2084万円だが昨年の1/10の値段!すしざんまい社長は?について紹介しました。

コロナの影響が、マグロにも出ているようです。

早く収まって欲しいです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました