ワクチン接種いよいよ始まる!ファイザーのワクチンの特徴・副作用は?

ニュース

コロナ感染が益々増え続けている現在!

生命の危険を感じながらも、生活の事が不安になってしまう。

そんな中いよいよワクチン接種のニュースが入ってきました。

そこで、ワクチン接種いよいよ始まる!ファイザーのワクチンの特徴・副作用は?について紹介します。

 

スポンサーリンク

ワクチン接種いよいよ始まる!

厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの接種を、全国約1万か所の医療機関などの「基本型接種施設」を拠点として実施する方針を決めた。各拠点には氷点下約75度でワクチンを保管できる超低温冷凍庫を配備、そこを起点に2~8度の冷蔵状態で診療所などに輸送し、多くの人に効率的に接種する体制を整える。

2月下旬にも接種が始まる米製薬大手ファイザーのワクチンは、基本的に超低温で保管する必要があり、冷蔵での保管は最大5日間に限られる。厚労省は超低温冷凍庫を、2月末までに約1500台配る。6月末までに計約1万台を全市区町村に最低1台割り当て、基本型施設に位置づける

コロナ感染が、脅威を増し続け、不安が絶えない世の中に、1つの希望が見えてきました。

米製薬大手ファイザーのワクチンの投与です。

これで、少しづつでもコロナが収まって欲しいと、誰もが祈っているに違いありません。

 

スポンサーリンク

ワクチン接種いよいよ始まる!ファイザーのワクチンの特徴・副作用は?

ファイザーのワクチンの特徴

ファイザーによると、独ビオンテックと共同開発中のワクチンの治験に参加した人を調べたところ、9割以上の対象者に予防の効果が生じたという。

「キラーT細胞」と呼ばれる免疫システム反応を引き起こすことを確認したと公表した。

このT細胞はウイルスを攻撃する働きを持ち、抗体が体内から消えた後もウイルスへの防御機能を持ち続けるとの研究がある。

 

ワクチンの2回目接種から7日経過した時点以降で実施した調査で、ワクチンの治験参加者のうち新型コロナウイルスを発症したのは170例で、うち162例がプラセボ(偽薬)群、8例がワクチン接種群でした。

 

この結果をもって、新型コロナウイルスの発症の予防の有効性が95%としています。

引用元:【コロナワクチン】ファイザーはいつ?有効性と副作用も解説! – 【麻酔の大腸検査】なら大阪のなかむら内視鏡センター (i-nakamuraclinic.com)

 

ファイザーのワクチンの副作用は?

コロナのワクチン接種にあたり重大な副反応(副作用)は認められず、疲労3.8%や頭痛2.0%を認めるのみでした。

【コロナワクチン】ファイザーはいつ?有効性と副作用も解説! – 【麻酔の大腸検査】なら大阪のなかむら内視鏡センター (i-nakamuraclinic.com)

ワクチンは、誰もが待ちに待ったものですが、有効性はあるようですが、どうしても安全性は大丈夫なのか?副作用があるのか?は気になってしまいます。

 

でも、コロナに効果があるというのならば、ワクチンは接種したいと考えます。

スポンサーリンク

ファイザーワクチン接種のネットでの話題は?

スポンサーリンク

ワクチン接種いよいよ始まる!ファイザーのワクチンの特徴・副作用は?まとめ

今回は、ワクチン接種いよいよ始まる!ファイザーのワクチンの特徴・副作用は?について紹介しました。

日本でファイザーのワクチンが2月から打てるようになるようですが、これで何とか収まって欲しいです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました