瀬戸大也の不倫騒動で支払った代償に驚き!家庭は取り戻せるか?

スポーツ

暗いニュースが続く中で、瀬戸大也の不倫騒動が話題になっています。

水泳で人気・実力もあった分、支払った代償は驚きです。

瀬戸大也さんの家庭は取り戻せるのでしょうか?紹介していきます。

スポンサーリンク

瀬戸大也の不倫騒動で支払った代償に驚き!

夫婦で出演の食品会社のCM動画は公式サイトから削除。CMも非公開

引用元:https://douganow.jp/archives/20200716179154.html

食品会社の「味の素」のCM動画が、公式ホームページで閲覧できなくなりました。

 

水泳選手の瀬戸大也さんを、食の面で支える優佳さん。

2人で笑いながら食べているCMでしたが、イメージが違ってしまったんでしょうね。

代償なのでしょうがないです。

 

ANAとの契約も解除

引用元:https://monokuro0210.com/seto-cm/

瀬戸大也さんは、一般企業に就職せずにプロの道に進み、ANAと5年で5億の所属契約を結んでいました。

契約は2021年3月31日までなので、契約中になります。

となりますと違約金が出るのかもしれません。

 

競泳日本代表主将も辞退

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9fbb8d1684656f68bbbb3a96b346890d97ca5b7c

瀬戸大也さんは、東京オリンピック代表に内定し、金メダルに近い選手として期待され、競泳の日本代表チームのキャプテンに就任することが決まっていました。

日本中の人は、必ず金メダルを取ってくれるだろうと思っていたので当然です。

 

ところが、今回の不倫騒動で9月30日、キャプテンの辞退届を自ら提出をして、日本水泳連盟は、辞退届を承認することを決めたのです。

 

日本オリンピック委員会の『シンボルアスリート』の解除

日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約解除も申し出て、JOCに受理された。

シンボルアスリートとは、簡単に成れるものではありません。

 

JOCが五輪においてシンボル的な存在として、人気や実績を考慮して選考されます

それは、五輪競技において“日本の顔”と言える存在です。

2020年は瀬戸を含め、内村 航平(体操)・小平 奈緒(スケート/スピードスケート)・宇野 昌磨(スケート/フィギュアスケート)など15人が選出されていた。

日本水泳連盟から“年内の活動停止処分

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a1dc35b3f15bad0f603a78073e22d379d5eea1b1

 日本水泳連盟が、競技者資格規則の「スポーツマンシップに違反した」などと判断して年内の活動停止処分になったということですが・・・

 

えっ?

そんな規則があったこと知らない人ほとんどなのでは!と思ってしまう。

それでも、日本水連は内定した五輪の出場権は取り消さないと言うことです。

 

こんなツイッターもありました。

スポンサーリンク

瀬戸大也の不倫騒動で家庭は取り戻せるか?

妻・優佳さんの直筆コメント

「この度は大也の行動により、日頃から応援してくださっている皆様、スポンサーの皆様、関係者の皆様にたいへんなご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございませんでした。今後、どのような形で皆様の信頼を回復していくことができるか、そして私たち家族のことについては、よく話し合っていきたいと考えております」

瀬戸大也さんの不倫騒動が発覚した直後に、妻・優佳さんがコメントを出しましたが、裏の背景はわかりませんが、優しさを感じました。

瀬戸大也さんが悪いことは間違いありませんが、夫の過ちに対して謝罪するのは、なかなかできることではありません。

 

でも最近、瀬戸大也さんが友人に、家庭崩壊の危機にあることを漏らしていたようです。

それは、そうです。

ここまで世間を騒がし、妻・優佳さんや子供を気づ付けたのですから、簡単に許してくれるわけがありません。

 

瀬戸大也さんが、家庭の事を選ぶ権利はありません。

妻・優佳さんと子供に言われるがままです。

 

ただ、誠心誠意謝ることしかありません。

でも、人ですから1度の過ちは、代償も払ったことなので許して欲しい気もします。

 

他の物全て失っても、家庭さえあれば何とかやっていけます。

例え水泳が無くなっても、妻と子供の所に帰って欲しい!

そんな、瀬戸大也でいて欲しいです。

スポンサーリンク

瀬戸大也の不倫騒動で支払った代償に驚き!家庭は取り戻せるか?まとめ

今回は、瀬戸大也の不倫騒動で支払った代償に驚き!家庭は取り戻せるか?について紹介しました。

もう、代償は十分に支払ったのではないでしょうか。

日本のために、家族のために水泳に戻り、明るい話題を瀬戸大也さんに持ってきてもらいたいです。

タイトルとURLをコピーしました