えんぴつの持ち方講座! えんぴつ持ち方矯正道具紹介!

えんぴつ

日常の中で、えんぴつ・ペンで字を書くことは当たり前の事。

人前に出ても何も違和感なく字を書けたら、良いかと思います。

今回は、えんぴつの持ち方講座!えんぴつ持ち方矯正道具紹介!について紹介していきます。

えんぴつの持ち方講座!

①人差し指は指腹で上から押し当てましょう。

②中指のつめの根元の左側で鉛筆を支えるようにしましょう。

③人差し指と鉛筆の間に隙間が出来ないよう軸にぴったり指をつけて持ちましょう。

④人差し指よりも上に親指がなるように注意しつつ、なるべく力を抜いて親指は力を加えず、指腹で添える程度に鉛筆を支えましょう。

⑤鉛筆を持った時の手のひらは、卵をにぎったような空間をつくりましょう。

引用元:http://www.kitaboshi.co.jp/howto/

えんぴつの持ち方に正しい持ち方・間違った持ち方は無いかと思います。

書きやすいか?書きにくいか?

また、伝統的な持ち方と言う表現が良いかもしれません。

えんぴつの持ち方動画

えんぴつの持ち方ネットでの話題はこちら

えんぴつ持ち方矯正 道具紹介!

えんぴつの持ち方講座!人前に出てもこれでバッチリまとめ

えんぴつの持ち方を伝統的な持ち方にしたほうが、字は書きやすく綺麗な文字がかけるようです。

今回は、えんぴつの持ち方講座! えんぴつ持ち方矯正道具を紹介しました。

えんぴつ生活
スポンサーリンク
知って得する情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました