武漢ウイルス研究所とはどんな所?何処にあるの?

コロナ

世の中は、コロナでくるしんでいますが、昨日9月14日驚きのニュースが飛び込みました。

コロナウイルスは、中国ので武漢ウイルス研究所で人的に作られたと中国から亡命がありました。

これは、驚きです。

そこで今回は、武漢ウイルス研究所とはどんな所?何処にあるの?について紹介します。

武漢ウイルス研究所とはどんな所?

正式名称  中国科学院武汉病毒研究所

日本語名称 中国科学院武漢ウイルス研究所

組織形態  感染症研究所

中国科学院武漢ウイルス研究所(ちゅうごくかがくいんぶかんウイルスけんきゅうじょ、簡: 中国科学院武汉病毒研究所)は中華人民共和国 湖北省武漢にある、ウイルス学研究所である。1956年設立。中華人民共和国国家重点実験室に指定されている。

2016年12月現在、研究所には合計266人の研究員がおり、内訳は科学研究職189名、大学院生253名(博士課程124名と修士課程129名)などが在籍する。

所長は王延軼。党委員会書記は肖庚富

引用元:WIKI

当所人的ではないと発表がありましたが、人為的だろうとは思っていました。

映画の見すぎかもしれませんが、現実になってしまった。

これは、許されません。

武漢ウイルス研究所の画像

引用元:https://jp.wsj.com/articles/SB11507156727757504149004586579961667397594

武漢ウイルス研究所の中画像

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58801070X00C20A5000000/

動画はこちら↓

英語でわかりませんが、中国の研究者がアメリカに亡命し暴露していますが、人的に許せなかったんでしょうね。

勇気は凄いと思いますが、自分を含め家族・身の回りの方の安全が気になります。

ネットでの話題はこちら

武漢ウイルス研究所は何処にあるの?

所在地

中華人民共和国の旗 中華人民共和国
〒430071
湖北省武漢市武昌区小洪山中区44号
北緯30度32分21.9秒東経114度21分3.07秒

武漢ウイルス研究所とはどんな所?何処にあるの?まとめ

もし、本当に中国の武漢ウイルス研究所でコロナウイルスが開発されたとなれば、大問題となります。

これだけ、国際社会を脅かしましたからね。

今回は、武漢ウイルス研究所とはどんな所?何処にあるの?について紹介しました。

 

コロナ生活
スポンサーリンク
知って得する情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました